㈱白松 会社情報

会社情報

設立    1973年9月3日

社名 株式会社 白松 Hakumatsu Inc.
  資本金 2000万円
  役員  代表取締役 白木桂介 Keisuke Shiraki
       取締役  杉原慶一 Keiichi Sugihara
       取締役  佐藤 圭 Kei Sato
  所在地    
    (本社)
     〒107-0052                           
     東京都港区赤坂7-7-13
     電話 03-5570-4545  ファックス03-5570-2226
     e-mail      info@hakumatsu.co.jp
     ホームページ  www.hakumatsu.co.jp
   (工場)  
      工場長  権藤正展 Masanobu Gondo
      白松 浜御塩工房 竹敷
      長崎県対馬市美津島町竹敷深浦4-133   
      白松 浜御塩工房 久須保
      長崎県対馬市美津島町久須保550-13
   (関係会社)
      日本アミネット株式会社(塩の輸出入業務)
      代表取締役 白木桂介
   (海外子会社)
      白松ベトナム食品株式会社(ベトナムゲアン省/塩の検品、袋充填、輸出入)
      白松(連雲港)食品有限公司(中国江蘇省/塩の輸出入業務)
   販売先(帳合い業社)
     国分㈱、三菱食品㈱、㈱日本アクセス、加藤産業㈱、
     下田商事㈱、㈱創健社、オーサワジャパン㈱、
     ㈱イタリアンフーズ、ジャパンソルト㈱、ジャパンシーズニング㈱、
     東京ソルト㈱、関東塩業㈱、㈱ソルト関西、静岡塩業㈱、三重塩業㈱、
     九州ソルト㈱、山口塩元売、浜松塩業㈱、道東塩業㈱、中四国ソルト㈱、
     茨城塩元売㈱、名エン㈱、南勢塩業㈱、㈱東日本ソルト、
     ㈱ジャポニックス、㈱ナカトラ、清田産業㈱、 他 
   取引銀行  
      三井住友銀行   赤坂支店
      三菱東京UFJ銀行 赤坂支店
      商工中金 大森支店
      さわやか信用金庫 赤坂支店
   会社の歩み
 1839年4月  白木松兵衛が名古屋久屋にて白松商店を創業
          和ろうそく、紙、石鹸等雑貨の卸売輸出を開始
 1973年9月  中国貿易を始めるに当たり、㈱白松を設立
 1995年8月  中国江蘇省産の塩田天日塩「浜菱」の試験的販売を開始
 1997年4月  日本で長年続いた塩専売法が1997年3月31日に撤廃
          4月以降塩事業法がスタート
 1997年12月 白松 東京支店を港区赤坂6丁目に開設する。
          中国四川省産の岩塩「山菱岩塩」20kg入りの塩を販売
 1998年3月  「山菱岩塩」の小売用販売を開始
 1999年6月  イタリア産天日塩「イタリアの天日塩」20kgの塩の販売開始
 1999年8月  東京支店を赤坂1丁目に移転
 2000年2月  「イタリアの天日塩」の小売販売を開始
 2000年6月  「オーストラリアの古代湖塩」25kgの塩の販売開始
 2001年1月  本社機能を東京に集約する。代表取締役に白木桂介が就任
 2002年6月  国産製塩所 白松 浜御塩工房久須保がスタート
          対馬市にて、海水を平釜で煮つめて、塩とにがりを製造
 2002年9月  国産平釜海水塩「浜御塩」「浜御塩焼塩」の販売開始
 2002年11月 「浜御塩の海水にがり」170mlの販売開始。にがりブーム沸騰
 2003年10月 業界有志9社により、「家庭用塩表示検討懇談会」発足
 2004年1月  白松(連雲港)食品有限公司(100%子会社)を設立
 2004年7月  白松 浜御塩工房 竹敷(対馬市美津島町竹敷)を開設
 2004年9月  業界有志12社により「食用塩公正競争規約作成準備会」発足
 2005年1月  試行錯誤の末、藻塩の生産を開始し、「浜御塩藻塩」120gが誕生
 2005年10月 浜御塩工房竹敷で「ネット噴霧式の海水濃縮設備」完成
 2006年2月  「浜御塩藻塩の黒にがり」170mlの販売開始
 2006年9月  フランス産ロレーヌ地方の岩塩「ロレーヌ岩塩」(溶解法)の販売開始
 2006年11月 パキスタン産岩塩「ピンクロックソルト」(採掘法)の販売開始
         ピンクロックソルトは1kg、500g、プチソルトの3種類を販売
 2007年1月  「浜御塩 セルドフレーク」の業務用、小売用の販売開始
 2007年7月  「花藻塩 ウエットタイプ」25kgの業務塩の販売開始
 2007年8月  「花藻塩 ドライタイプ1」25kgの業務塩の販売開始
 2007年10月 「花藻塩 ドライタイプ2」25kgの業務塩の販売開始
 2007年12月  逆浸透膜「海水濃縮装置」を浜御塩工房久須保に導入
 2008年5月  食用塩公正取引協議会が設立される
          弊社白木が、理事及び審査委員に任命される
 2008年10月 「ネット噴霧式海水濃縮設備」の本格的な稼動開始
 2008年12月 「紀州の梅塩」25kg入りの販売開始
 2009年3月  「瀬戸内の花藻塩」1kg、500gの販売開始
          「ロレーヌ岩塩」110g(卓上タイプ)の販売開始
          「ピンクロックソルト」95g(卓上タイプ)の販売開始
 2010年1月  業務用「天日塩水」20リットルの販売開始
 2010年9月  イタリア産の「トスカーナ岩塩」1kg、20kgの販売開始
 2010年12月 対馬の間伐材使用「バイオマスエネルギー」チップボイラーの導入
 2011年1月  本社を赤坂7丁目に移転
 2011年2月  「長崎の花藻塩焼塩」200g、1kgの販売開始
 2011年4月  「浜御塩えこそると」シリーズ3商品の販売開始
 2012年3月  「ロレーヌ岩塩スタンドパウチ250g」の販売開始
 2012年11月  塩の成分分析(自社分析)を開始
 2013年3月  「ヒマラヤピンク岩塩120g」の販売開始
 2014年1月  COCOLIFEエキストラバージンココナッツオイル販売。
          COCOLIFEクッキングオイルを販売。ブームになる。
 2014年9月  「ゲアンの古式天日塩」(ベトナム産)の販売開始
 2014年9月  「つしまやまねこ お塩&焼塩」(長崎県対馬産)の販売開始。
 2015年1月  HakumatsuVietNam Foods㈱をベトナムゲアン省に設立
 2015年11月 白松ベトナムの工場(Hakumatsu VietNam Foods)が稼働
 2016年3月  瀬戸内の花藻塩さら塩1kgの販売開始
 2016年6月  白松連雲港の工場部門閉鎖。
          白松ベトナムに、その機能を全面的に移管。

経営理念

本社地図

白松 対馬支店 浜御塩工房

海外子会社 白松ベトナム食品株式会社

海外子会社 白松連雲港食品有限公司