浜御塩

浜御塩400g正面スキャン 09年3月.jpgA.jpg浜御塩400g

長崎県対馬産「浜御塩」(はまみしお)

「浜御塩」は、しっとりタイプの粗塩。和食全般にお薦めです。

◆「浜御塩」は、塩職人によるこだわりの海水平釜炊きのお塩です。

長崎県対馬の海岸は、壱岐対馬国定公園に認定され、天然の海藻が生い茂る清麗なる海水に恵まれています。「浜御塩」は、この対馬海流の海水を汲み上げ、濃縮・結晶化させて塩作りを行なっています。
まず最初に、汲み上げた海水を、逆浸透膜を利用した海水濃縮設備で濃度を上げます。次に天日と風の力を利用したネット噴霧式の海水濃縮設備で海水の濃度を上げていきます。さらに、塩職人が平釜で一昼夜煮つめながら塩の結晶化をさせます。結晶化した塩を絶妙のタイミングで、丁寧にざるに取り上げ、水分を切り、仕上げました。

◆しっとりしたタイプの粗塩で、和食全般にお薦めです

旨味とかすかな甘味すら感じる「浜御塩」は、和食全般にお薦めです。特に、焼き魚、おにぎり、煮物、漬物などにお薦めです。

400g ¥500 税別
140g ¥250 税別


製造方法
原材料名:海水(長崎県対馬)
工  程 :逆浸透膜、天日、平釜

栄養成分表示(100g当たり)
エネルギー     0 kcal
たんぱく質      0 g
脂   質       0 g
炭水化物       0 g
食塩相当量   86.7 g
カルシウム   953mg
マグネシウム 640mg
カリウム     223mg

「浜御塩」関連フォト

「浜御塩」は、対馬海流の流れの速い外海に面する浜御塩工房久須保にて取水してます。海藻が生い茂るきれいな海です。取水後は、逆浸透膜、ネット噴霧式の海水濃縮設備で濃縮していきます。最後は、平釜で炊き上げ、その後脱水、篩い、検品、包装工程に進みます。塩職人が手塩にかけて作り上げたおいしいお塩「浜御塩」の完成です。

取水口周辺④.JPGB.JPG対馬、美津島町久須保取水口付近の海

P2060149.JPGA.JPG逆浸透膜を利用した海水濃縮装置です立体塩田 外部.JPGB.JPG天日と風のエネルギーを利用したネット噴霧式の 海水濃縮設備です立体塩田 内部下.JPGB.JPGネット噴霧式海水濃縮設備の内部。 海水を噴霧・循環させ、濃度を高めます

P5150296.JPGB.JPG平釜で、一昼夜かけ海水をさらに濃縮していきます。濃度が、25%を超えていくと、塩の結晶が始まります

P1000124.JPGA.JPG釜あげ直前の状態ですP1000127.JPGA.JPGいよいよ塩の釜あげですP5150298.JPGA.JPG釜から上がった塩は、ざるに取り、余分なにがりを分離させます

P1000122.JPGA.JPGふるいと除鉄機を通します P5130166.JPGA.JPG目視で検品しますSANY0489.JPGa.JPGロット番号印刷、塩の計量がおこなわれますSANY0498.JPGa.JPGヒートシールされ、袋充填が完了しましたSANY0500.JPGa.JPG金属検出機でチェックされますSANY0520.JPG最後に箱詰めされます