浜御塩藻塩

hamamishiomoshio120.JPG浜御塩藻塩120g藻塩 1g 正面.jpg

長崎県対馬産「浜御塩藻塩」

「浜御塩藻塩」は、海藻の香りすら感じるまろやかなサラサラタイプの塩。和食全般にお薦めです。

「浜御塩藻塩」は、壱岐対馬国定公園に認定されている海岸から海水を汲み上げた海水を濃縮させ、天日干した国産の海藻(アラメ、ホンダワラ)を漬込み(浸漬させ)、平釜で煮詰めて藻塩を作ります。

◆汲み上げた海水は、逆浸透膜を利用した海水濃縮設備で海水の濃度を上げ、次に天日と風の力を利用したネット噴霧式の海水濃縮設備で海水の濃度を上げていきます。

◆海藻は、冬から春にかけて成長した、一年で最もおいしい季節に、一株づつ採ったものを天日で乾燥させ、保存させます。藻塩を作るときに濃縮海水に漬込み(浸漬させ)、旨味成分を引き出します。(海藻成分がエキスとして、海水に溶出した段階で、海藻そのものは取り出します。)

◆海藻エキスが入った濃縮海水を、塩職人が平釜で丁寧に煮つめながら結晶化させてます。こうして、こだわりの国産海塩「浜御塩藻塩」ができあがります。

◆サラサラタイプの藻塩は、和食全般にお薦めです。特に、てんぷら、から揚げ、寄せ豆腐の付け塩、おにぎり、焼肉、お吸い物、お鍋などにお試しください。

120g ¥400 税別

プチソルトは、「プチソルト浜御塩えこそると藻塩33g」(同量、同金額です!)に移行しました。
浜御塩えこそると藻塩LinkIcon

製造方法
原材料名:海水(長崎県対馬)、海藻
工  程 :逆浸透膜、天日、浸漬、平釜、焼成

栄養成分表示(100g当たり)
エネルギー     8 kcal
たんぱく質      0 g
脂   質       0 g
炭水化物      1.9 g
食塩相当量    89.0 g
カルシウム   475mg
マグネシウム  481mg
カリウム     166mg
ヨウ素       0.11mg

業務用小袋1g 100個×30/ケース

新しく100個ピース袋入りの荷姿商品ができました
資料をダウンロードするLinkIcon

「浜御塩藻塩」関連フォト

「浜御塩藻塩」は、「浜御塩」と同様に、浜御塩工房久須保にて取水します。海藻は、現在対馬島内で採取していますが、今年は、温暖化の影響か、海藻の収穫が大変減っています。
明らかに、温暖化の影響が対馬の海にも見られます。
改めて、環境を守ることの大切さを感じざるを得ない出来事です。

取水口周辺近影①.JPGB.JPG取水口の近くにも、アラメという海藻がいっぱい見られます。

佐伯さん海中の様子.JPGB.JPG海藻を採る時は、大きな水中眼鏡を使用して、海の中の海藻を見ながら、長いはさみで一房づつ丁寧に採ります。アラメ採り①圧縮.JPGB.JPG長いはさみを使って、ちょうど漁師さんに、海藻を採取していただいた写真。生の状態では、一房で、こんなに大きいです。アラメ天日干し.jpgB.jpg採られた海藻は、天日でよく乾燥させます。

対馬 藻塩製造工程 093.jpgB.jpg海水に海藻エキスを抽出した海水海藻エキスを煮詰めていきます。煮詰めの途中では、あく取りの作業が入ります。

煮詰め後釜上げ直前.JPGB.JPG表面に薄っすら藻塩のにがりが残るような状態まで、煮詰めます。対馬 藻塩製造工程 139.jpgA.jpg浜御塩藻塩をざるに釜上げします。 ほどよくにがりを取り除き、脱水後、焼成します。篩+除鉄機.jpgA.jpg篩いにかけ、検品作業が終わると、包装を行い、「浜御塩藻塩」の完成です。